2014年7月17日木曜日

SAPPORO CITY JAZZ

今年も暑い夏がやってきました。もう海の日の3連休はシティージャズで演奏して大通公園で飲み過ぎるのが定番になりつつあります。毎年飲み過ぎて記憶が飛んで後から色んな方に怒られたり笑われたりするのにも慣れてます。今年はやめたいと毎年思いますが酒との付き合い方は未だにうまくなりません。

今年は3つ!


7/19(土)
16:50〜 Super-sqd @クロスホテル(北2条西2丁目) 
今年はメセニー祭です。いつもだけど。あの曲もやります。手拍子練習しといて下さい。

18:35〜 伊藤由里子Group @STVホール(北1条西8丁目)
今年もパワフルなボーカル、ゆりねえと一緒にやらせて頂きます。このバンドも長くなってきました。

7/20(日)
13:55〜 児島カルテット @クロスホテル(北2条西2丁目)
歴史的瞬間です。ジャズ研時代の同期、クラリネット児島に初めて誘われました。ずっと片思いだと思ってました。



いずれも札幌の夏を熱く焦がすようなバンドばかりです。相変わらずシティージャズのやり方には賛同致しかねますが、演奏は思いっきりやります(苦笑

札幌が音楽の元一つになるような、そんな日を夢見てます。



この夏も楽しみましょう!あー海行きたい。

2014年6月8日日曜日

Bless

非常に更新が滞っておりました。思い出したように更新致します。

まず、昨日の僕のリーダーライブ@LazyBirdにお越し頂いた皆様ありがとうございました!

児島孝典(cl)
中島弘惠(p)
大久保太郎(b)
斎藤直美(d)


1. The Blessing (Ornette Coleman)
2. If I Were A Bell (Frank Loesser)
3. So Many Stars (Sergio Mendez)
4. Love Dance (Woody Shaw)

5. Falling Grace (Steve Swallow)
6. Doxy (Sonny Rollins)
7. Polkadots And Moonbeams (Jimmy Van Heusen)
8. This Is For Albert (Wayne Shorter)

enc. Stella By Starlight (Victor Young)

今回のバンドでは同世代でバリバリ活動してて最近ヤバい!俺も追いつかなきゃ!というメンバーとやらせて頂きました。選曲はアンコール以外全て僕です。とっても好きだけど難しいなあという曲とスタンダードと半々くらいにしたいなと思って選びました。


やっぱり色んな事を感じるライブではありました。個人的に録音を聴きながら一番感じたのは、演奏技術の向上と音楽の良さの向上ってあんまし関係無いのかなという部分です。今更、という感も大いにありますが。

最近自分だけの練習に割ける時間が少し多い気がします。以前は実現できなかった事が技術面においては色々できるようになってきました。ただ、そのせいで必死さが、できないのにやりたい!みたいな側面が少し失われてきてると自分で思ってます。それこそジャズ研の入部当初だった時みたいな気持ち。丁度今は学祭の打ち上げでみんな盛り上がっている頃でしょう。


また明日から一年目になりたい!と思ったのでした。

2014年3月8日土曜日

久しぶり!

の更新になってしまいましたすみません。
大晦日に更新してから全く更新していなかったんですね。面倒くさがりの自分です。
でもそんな自分でもブログを書くのはやはり来てほしいライブがあるからこそ笑。


今回はサックスに篠田君を迎えてのクインテットです。篠田君は東京でビッグバンドをやっていたそうですが仕事の関係で今札幌にいらっしゃるという事で、僭越ながらお誘いさせて頂きました。素晴らしいサックスです!

そして他のメンバーは同世代鉄板メンバーで挑みます。プロとして活躍しているトランペット山田丈造、ピアノ本山禎朗、そして最近売れっ子になりつつある斎藤直美です。アンサンブルの綺麗な曲やらフリーな曲やらミンガスやらブレイキーやら色々やります。是非お越し下さい!




先ほどライブが終わってラジオ聴きながら帰ってきました。
パーソナリティが中高生に訊きます。

パーソナリティ「将来の夢は何ですか?」
中高生1「まだ職業は決まってません。」
中高生2「医療系の職種に就きたいです。」
中高生3「音楽関係の仕事がしたいです。」

このやりとりに違和感を覚えるのは僕だけでしょうか?
この論法だと、極端な話、
「夢」=「就職」
という図式ではないでしょうか?

たまにこんな言葉を聞きます。
「音楽でプロになりたい。」

一体何がしたいんでしょうか???

※これは今現在のプロミュージシャンへ向けた話では全くありませんし、現在音楽だけで飯を食っている人への批判では全くもってございません。

人生において飯を食う事が目標なんでしょうか?
ある意味、「就職」=「夢」みたいな図式が成立しかけているような気がしてなりません。

自分が憧れた音楽は別に誰がどういう環境の人がやったことでも良いのです。その人が作り上げた素晴らしい仕事、作品に憧れるのです。感動するのです。その人が専業のミュージシャンなのかどうかという色眼鏡をかけて音楽を感じる事はないのです。

どの仕事も同じだと思います。
その仕事に就いてどのような事がしたいのか?どんな結果を残したいのか?そこに夢があると思います。

「医者になって不治の病を治したい!」とか「音楽のプロデュースの仕事をして素晴らしい才能を発掘してみたい!」とか、夢があるなと思う。

どんな職業に就くかという事が本質として話題にあがる「夢」の話はとても聞いていて虚しい気持ちになりました。


僕はたくさんの仲間と友達と家族と馬鹿な話をしながら無敵の音楽をやって酒を飲んで暮らしたい(笑)!!そして自分のこれから生まれる子供に、生きる価値のある世だよ、って伝えれられたら最高だなと思います。そのために生きてると思います。
それが自分のでっかい夢です。

2013年12月31日火曜日

大晦日

なんだか忙しくて今年を振り返る間もなく今年最終日を迎えてしまいました。今日もこれから掃除と練習とお酒が待っているのですが、自分のためにちょっとだけ今年を振り返ってみようと思います。

まず今年のライブ本数はツーセットのライブだけ数えて全部で73本。仕事の演奏やイベントへの出演など合わせると100本くらいでした。こんなに活動させて頂けて本当に感謝です!お誘い頂いた皆様、本当にありがとうございました。

こうして一年のライブを見返すと、月並みな感想なのかもしれないですが、音楽を通して本当にたくさんの人と知り合えたし、沢山の人に支えられて生きているなあと実感するものです。

 印象深かった出来事

 1月に思いつきで長崎に旅行へ行き、爆弾低気圧のせいで福岡空港から帰ってこれなくなってしまったので仕方なく新幹線で関空まで行ってそこからLCCで帰って来た。大変だったけど初新幹線初LCCでした。今思うと楽しかった。その時は結構焦ってた。

3月には僕が参加しているSugarHouseというバンドのCDがリリースされた。amazonでも買えるし直接メッセくれても買えます。まだまだ好評販売中。

4月に聴きに行った酒井俊さん(vo)林栄一さん(as)田中信正さん(p)瀬尾高志さん(b)のライブが忘れられない。

7月はシティージャズで演奏したあと大通公園でまた飲み過ぎた。

8月は瀬尾高志さん(b)北垣響さん(b)と生音ベーストリオでライブをやらせてもらった。奥井理ギャラリーへのコントラバスの倍音の響きが素晴らしかった。

9月は高校の時からの友人で現在ドラマーとして活躍している山内陽一朗の結婚を祝えた。嬉しい!
 ずーっと大好きだったRobertGlasperを生で見れた。最高過ぎた。この後の方向性に多大な影響を及ぼされた事は間違いない。

11月は高校生の時にやっていたVitalBeatingというバンドの再結成ライブがあった。なんか懐かしくて楽しかった。

12月は自分のリーダーライブを2本もやらせて頂いた。ちょっと詳しく振り返り。
 1本目は外園一馬(g)と東広典(d)とのトリオ。一馬がこれから東京へ活動の場を移すのでその前に一度やらせてもらいたかった。 3人の選曲を織り交ぜてやらせて頂いたがかなり楽しいライブだった。一馬はやっぱりブルース弾かせたら最高だな!とか、東が持ってくる曲はリズム的に面白くてコードが難しくてやっぱドラマー何だな!とか笑、思わずにやける瞬間の多いライブだった。東京でも頑張ってくれよ!俺らもまだまだ札幌で頑張るぜー。

2本目は 村川佳宏(as)三上紘子(p)長崎晃(d)とのカルテット。全編エレキベースで全て僕の曲と僕のスタンダードアレンジ。 久しぶりにこのライブのために沢山曲を書いた。昔とは少し変わって来ている自分を再確認。色んな実験ができた。また機会があれば是非またやらせて頂きたい。

いずれのライブもいらして頂いた皆様、本当にありがとうございました!!



本当に恵まれた環境で恵まれた仲間達と生きているなと実感しました。音楽にもっと感謝しなきゃいけないですね。音楽がなければ今の仲間も、仕事も、全てなかったのですから。
そのためにはやっぱり続ける事!正直な所、情けない話なんですが、ダメな演奏をしてもう辞めたいと思う事や、体力的にきつくてこんなにやんなくてもいいんじゃないかと思う事もあるんです。でもそれでも、自分がこうやって生きて行けてるのって、僕の場合生計を音楽だけで立てているわけではないので間接的ではありますが、音楽のおかげなんです。今の昼間の仕事をさせて頂いている社長とはライブ会場で知り合ってますし、今の家族があるのも音楽があったからです。
その先に何があるのか分からないし、この先どういうペースになるのかも分かりませんが、無様でもしがみついて続けていこうと思います。


来年はどんな出会いが待っているのでしょうか!楽しみ!
さー掃除と練習と酒だー。

2013年12月5日木曜日

師走!

もう12月です。クリスマスソング解禁ですね、毎年一ヶ月だけ演奏できる曲達です。毎年この季節はクリスマスイベント等で忙しくなります。

毎年思うんですがクリスマスソングっていい曲が多いんですよ! この時期限定にするのがもったいない。折角いい曲なのに曲名や歌詞にクリスマスの言葉が登場するだけで一ヶ月間限定の曲になってしまう。僕なら絶対に自分が書いた曲で気に入ったやつならばクリスマスというタイトルはつけないです。そりすべり(Sleigh Ride)とか季節関係なく演奏できたらなーと思います(この曲は本当は冬の曲というだけでクリスマスソングではないのですが)。


さて今月もライブがたくさんです!そして今月は僕のリーダーライブが二つあります!紹介させてください!

まず第一段はギターの外園一馬を迎えてのライブです!


僕がジャズ研に在籍していた時、「すげーギター弾く一年目が入った!」という噂がたち、そしてあっという間にジャズ研からいなくなり(笑)、外のフィールドでの活動をどんどん広げていまや超売れっ子札幌が誇るスーパーギタリストとの共演です!その一馬ですが来年から活動の拠点を東京へ移すという事で、その前にもう一度一緒にやりたい!と思って誘わせてもらいました。昔僕のリーダーバンドではよく誘わせてもらって一緒にやってました。僕のトリオというか、久しぶりにちょっとセッションしようよ、という感じの演奏をイメージしてます。写真ではコントラバス持ってますが弾きません、エレベです。


そしてもう一本!こっちは僕のニューバンドです!
2013年 12月 20日 (金曜日)
@LazyBird (札幌市北区北24条西4丁目三福ビル1F)
大久保太郎(b, leader) 
村川佳宏(as) 
三上紘子(p) 
長崎晃(ds) 
music charge ¥1600- house charge \500- 19:30 open 20:00start


 フロントに今年サッポロシティージャズパークジャズライブコンテストでグランプリを受賞した村川、ピアノにはゴリゴリ系ピアニスト紘子、ドラムには戦友長崎を誘い僕は全編エレベで攻撃的なサウンドにしていきたいと思っております。 オリジナル曲とスタンダードのアレンジを主に取り上げます。
何とみんな同い年のこのバンド!!僕らが頑張っていかなきゃいけないと最近強く思います。


さー今月やりきってうまい酒飲むぞー!!

よろしくお願い致します!!


2013年10月28日月曜日

もうすぐ11月

寒くなって来ました。個人的には雪が好きなので寒くなってくるのもある意味楽しみではあります。今の自宅は盤渓スキー場がすごく近いので今年も早くボード滑りに行きたいなーとか思ってます。

さあ来月なのですが久々にエレクトリックベースのみで参加させて頂くライブが2本あります!



11/14はドラム大村吟弘さんによるコントラバス、エレキベースのツインベース完全即興のバンド、11/16は高校時代に活動していた一卵性双生児ギタリスト鳴海兄弟とのフュージョンバンドの再集合ライブです。

コントラバスでライブをやっている事の方が最近は多いですがエレキベースも大好きです。そして今新兵器の入荷待ちとなっていて、かなりエフェクトのかかったサウンドも積極的に取り入れていこうと思っております。

その他にも最近ますます脂が乗ってきているバンドSugarHouse、ギターの花田くんとのデュオ、ドラム長崎晃の提案であったがなぜか今回リーダーはトランペット山田丈造になっているコードレスカルテットなど、面白そうなライブが目白押しです!

そのうちコントラバスにも色々エフェクトかけたりもしたいなあ・・。
来月もよろしくお願い致します!

2013年9月6日金曜日

9/4 Live@Jamusica "虎徹×紗理 Special Live inSapporo"

お越し下さいました皆様本当にありがとうございました!

虎徹(vo)
紗理(vo)
竹田麻里絵(pf)
山内陽一朗(dr) from 東京
大久保太郎(ba)

今回は高校の時からの音楽仲間、ドラムの山内陽一朗とその彼女の竹田麻里絵ちゃんが二人の出身地である札幌で挙式する(!)という事で、その二人の洗足学園音楽大学での同期のボーカルのお二人も式に出席するために札幌に来ていたのでこのような編成になりました。おめでとう陽ちゃん麻里絵ちゃん!

なのでみんな同い年の東京の第一線で活躍しているミュージシャン、すげー刺激になる!!

こんな楽しいライブ久しぶりだった!!みんな目指す所が一緒っていうか、俺がこんな事言うのもおこがましいのかもしれないけど、同じ目線で音楽を捉えていられるっていうか。同じ時代を生きてきているが故に共感できる部分が多いというか。もちろんだけど先輩や後輩とやるのがそれに比べて楽しくないというわけではなくて、それとは別のなんかがあった。毎日熱く語り合って一緒に伸びて行きたいって思わせられる瞬間があった。こういう奴らが沢山いる東京って魅力的だなと思った。

やっぱさ、誤解を恐れずに言うと、俺にとって昼間の仕事はライスワークなんだよやっぱり。あの瞬間語り合うために生きてるんだもん。 うおー音楽やるぞ!!!

打ち上げで飲み過ぎた事は言うに及ばず。



上段左から紗理、虎徹、麻里絵ちゃん、 陽ちゃん、俺。


ボーカルのお二人が持って来てくれた曲、アンコールでやったさかいゆうさんのHowBeautifulがいい曲過ぎて頭から離れなくなった。


素晴らしい。
今の日本も捨てたもんじゃない。俺らがいる!!頑張るぞー!!